「鈴木」さんの苗字愛について

鈴木さんがみなさんに慕われているか、またはご本人が苗字にどれだけ愛着があるかについて、本ページの「鈴木さんの苗字レベル」により苗字にたいする愛を示してくれた方々ポイントをもとに判定しています。
文字と画数文字の意味
13 すず。
4 き。
苗字愛
3
苗字愛
この名字を支持する人が増え始めたようです。もしあなたがまだ投票していなければ是非投票ください。投票は下の卵を

<< 詳細ページに戻る



鈴木さんの苗字愛 レベル

鈴木への愛 苗字レベル:16ポイント:206
「鈴木」という苗字への愛がある方は右の卵をクリックしてください。
出た数字だけポイントがたまり、たくさんたまると苗字レベルが上がります。
※卵は1日1回割ることができます。

同じ名字の有名人の名前

「鈴木 芽瑠」タレント
「鈴木 かえ」モデル
「鈴木 よしえ」アナウンサー/リポーター/DJ・パーソナリティー
「鈴木 伸」俳優
「鈴木 優華」タレント

同じ苗字の武将

鈴木久三郎
鈴木元信 すずきもとのぶ 生没:1555~1615
和泉守。名は秀信・高信・重信ともいわれる陸奥古川城主。伊達家の重臣で、主に政治経済面で政宗を助けた。政宗が天下人となることを予想し「伊達幕府」の式目などを準備したが、臨終の際に「もはや無用」と焼き捨てさせたと伝えられる。
鈴木佐太夫 すずきさだゆう 生没:?~1585
紀州の土豪で鉄砲集団・雑賀党の頭領を務めた紀州雑賀城主。熱心な浄土真宗の宗徒で本願寺に協力し、石山合戦ではその鉄砲隊の威力で信長を長期間苦しめた。秀吉の紀州攻めの際、藤堂高虎に欺かれ粉河寺で切腹したとの説があるが、これが佐大夫のことであると断定できる確証はない。
鈴木重意
鈴木重兼
鈴木重好
鈴木重時
鈴木重秀 すずきしげひで 生没:生没年不詳
佐太夫の子。雑賀孫一(孫市)の名で有名な、紀州の鉄砲集団・雑賀党の頭領。石山合戦時に本願寺に協力して各地を転戦するが、1577年信長の紀州攻めに遭い降伏。秀吉の紀州攻めの際には太田城へ勧降の使として赴いた。また「孫一」は1589年5月2日に歿しているが、これは複数人物の呼称と思われ、重秀の没年時とは断定できない。
鈴木重則
鈴木重泰
鈴木重辰
鈴木重朝 すずきしげとも 生没:生没年不詳
佐太夫の子。秀吉の下、雑賀銃という改良銃を装備した鉄砲衆を率い、朝鮮の役で活躍した。関ヶ原では西軍に属し、伏見城攻めの際に鳥居元忠の首を挙げたと伝えられるが、敗戦後失領。後に伊達政宗に寄食し最終的には水戸頼房付けとなったとされるが、重秀その他と混同されている可能性も高く、その実体は不明。
鈴木孫一
鈴木忠重 すずきただしげ 生没:1574~1658
真田昌幸の家臣で上野名胡桃城代重則の子。通称右近。父重則が名胡桃城を北条方に奪われたため自刃、以後昌幸に引き取られて養育された。のちに昌幸の子信之の信任を得て重臣となり、伏見屋敷留守居役などを務めた。信之の病没後に殉死。






鈴木さんの基本情報

漢字鈴木 多い都道府県
1位:東京都 
2位:愛知県 
3位:神奈川県 
読み方 すずき、すすき 、すすぎ、すずぎ
ローマ字SUSUKI
総画数17画
推定人口約1,805,000人


ページの先頭へ