‘圧’の由来や起源

“圧”の読み方

普通の読み方

音読み:あつ
訓読み:おさえる

名前として使われる読み方

特になし

“圧”の由来や意味

おす。おさえる。おさえつける。屈服させる。
厭の中の部分は、然(あぶら肉を燃やす)の上部や、熊(あぶら肉の多いくま)の左がわと同じで、脂肪のしつこい肉を示す。厭エンは、それに厂(がけ、上からおおう)を合わせた会意文字で、上からかぶせて発散させず、しつこさにあきあきさせる意を示す。壓は「土+音符厭」で、土をかぶせて出られないようにおさえつけること。

文字の種類

会意兼形声文字

“圧”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“圧”の画数

5画

“圧”の画数は5画で同じ画数の文字には、
等があります。

“圧”の部首

土:つち

アンケート

“圧”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“圧”のつく名前

“圧”がつく名字

“圧”の字がつく苗字には 新圧古圧圧司圧地 等があります。

“圧”がつく名前

“圧”の字がつく名前には 圧治圧雄 等があります。

ページの先頭へ