“白”の書き順

‘白’の由来や起源

“白”の読み方

普通の読み方

音読み:はく びゃく
訓読み:しろ しろい もうす

名前として使われる読み方

あき、あきら、きよ、きよし、し、しら、しろ、しろし

“白”の由来や意味

しろ。しろい。けがれのない。あきらか。もうす。
どんぐり状の実を描いたもので、下の部分は実の台座、上半は、その実。柏科の木の実のしろい中みを示す。柏ハク(このてがしわ)の原字。

文字の種類

象形文字

“白”は象形文字という種類の文字です。 象形文字とは、漢字分類の用語としては、目に見えるものの形をかたどったり、描かれた絵をもとに作られた漢字で表語文字の一種。古代エジプト文字(ヒエログリフ、聖刻文字)を指すこともあります。

“白”の画数

5画

“白”の画数は5画で同じ画数の文字には、
等があります。

“白”の部首

白:しろ・しろへん

アンケート

“白”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“白”のつく名前

“白”がつく名字

“白”の字がつく苗字には 白都白菊白間白和白附白玖白地本白水白路野白 等があります。

“白”がつく名前

“白”の字がつく名前には 輝白白志白佳光白白木白帆白馬白子白鵠白百合 等があります。

ページの先頭へ