依田さんの北海道分布

依田の世帯数
このページは依田さんが北海道に何人くらいいるか市区町村毎のおおよその世帯数を表したものです。 依田さんの分布状況の参考にしてください。
※あくまで参考値であり保証するものではありません。

※本サイトではプライバシー保護のため人口が少ない場合は[ほとんどいない]、[0~10人前後]等と表現させていただいております。各市区町村の合計と[北海道の推定人口]は一致しません。

北海道の推定人口600人程度 北海道の推定順位1243位
順位 市区町村 依田 人口
札幌市約90人
釧路市約30人
函館市約20人
小樽市約20人
室蘭市約20人
虻田郡0~10人前後
岩見沢市0~10人前後
川上郡0~10人前後
枝幸郡0~10人前後
古平郡0~10人前後
順位 市区町村 依田 人口
11位松前郡0~10人前後
12位旭川市0~10人前後
13位紋別郡0~10人前後
14位苫小牧市0~10人前後
15位登別市0~10人前後
16位利尻郡0~10人前後
17位砂川市0~10人前後
18位三笠市0~10人前後
19位北広島市0~10人前後
20位宗谷郡0~10人前後

依田さんの由来

  • 先祖は武士
  • 長野県上田市丸子に依田川が流れ、鮎の釣り場となっている。ここは、奈良時代の献上駒の育成牧として朝廷とのつながりがあり、依田の庄との古い記述があると聞く。 平安末期の木曽義仲の平家追討陣立てに際して依田の庄を起点とし、依田二郎が二千騎を率いて北国街道を木曽義仲と上洛、倶梨伽羅峠-火牛の計で平家一門を破ったとの言い伝えもある。(山田智彦 木曽義仲) その後、鎌倉期には、源一門、鎌倉幕府北条方からは、木曽義仲一派として遠ざけられたが、室町幕府時代に、依田氏は、評定衆に取り立てられている。 戦国時代初期、信州村上氏に属し甲州武田氏に反抗していた(長野業政とも縁組した)ものの、武田氏軍門に下り二十四将のひとり小幡氏配下で 金山衆として甲州金の開発に貢献。真田氏興隆期には、上田城守備隊として徳川軍に奮戦。 武田氏没落後真田氏、芦田氏、海野氏など縁戚を組み、依田信蕃が田中城主として名を残し、子息松平国康は徳川幕府旗本となっている。

【名字由来教えてください】

依田の由来についてご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。
「依田」さんの由来やルーツ、一族の伝承や秘話等、この苗字に関するさまざまな逸話を教えてください。
削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。

依田姓について由来や字の意味、他の読み方、画数、ローマ字表記、などいろいろな情報を掲載しています。

他の苗字の全国の分布を調べる

他に調べたい苗字があれば入力して検索してください。指定した名字の方が日本全国にどれくらいいるか、都道府県別の世帯数一覧を表示します。 名字のルーツや全国への広がりや分布状況の参考にしてください。 ※あくまで参考値であり保証するものではありません。
苗字

同じ名字の人と交流する

同じ名字の人が集うページを設置しております。同姓の方と交流してみてください。


ページの先頭へ