江藤さんの北海道分布

江藤の世帯数
このページは江藤さんが北海道に何人くらいいるか市区町村毎のおおよその世帯数を表したものです。 江藤さんの分布状況の参考にしてください。
※あくまで参考値であり保証するものではありません。

※本サイトではプライバシー保護のため人口が少ない場合は[ほとんどいない]、[0~10人前後]等と表現させていただいております。各市区町村の合計と[北海道の推定人口]は一致しません。

北海道の推定人口320人程度 北海道の推定順位2023位
順位 市区町村 江藤 人口
札幌市約30人
旭川市約20人
上川郡約20人
小樽市約20人
帯広市約20人
岩見沢市0~10人前後
室蘭市0~10人前後
芦別市0~10人前後
石狩市0~10人前後
登別市0~10人前後
順位 市区町村 江藤 人口
11位歌志内市0~10人前後
12位松前郡0~10人前後
13位千歳市0~10人前後
14位富良野市0~10人前後
15位樺戸郡0~10人前後
16位名寄市0~10人前後
17位河東郡0~10人前後
18位滝川市0~10人前後
19位留萌市0~10人前後
20位釧路市0~10人前後

江藤さんの由来

  • 遠江の国の藤原氏。遠江の「江」を取って遠見の藤原氏と分かるように「江藤」と名乗ったのが由来の一説。
  • 大江氏+藤原
  • 桓武平氏千葉氏流、小城(肥前)千葉氏となります。鎌倉時代後期、千葉氏は「元寇」の警戒のた幕府より命じられ、肥前小城に赴いたのが始まり。胤晴が江藤氏祖となり、江藤新平は千葉氏の末裔になります。
  • 発祥の地に関して、約50年前に見かけた苗字辞典に元々は佐賀県と岡山県にしかなかったとの記載を見かけました。先祖発祥の地として岡山県新見市に江藤姓の固まった集落が有ります。 別情報です。滋賀県の安土城跡のふもとには江藤(えふじ)の丘と呼ばれる所が有ります。其処に織田信長の家臣、江藤加賀右衛門の石碑が建っています。 取り急ぎ、用件のみご連絡で失礼します。

【名字由来教えてください】

江藤の由来についてご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。
「江藤」さんの由来やルーツ、一族の伝承や秘話等、この苗字に関するさまざまな逸話を教えてください。
削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。

江藤姓について由来や字の意味、他の読み方、画数、ローマ字表記、などいろいろな情報を掲載しています。

他の苗字の全国の分布を調べる

他に調べたい苗字があれば入力して検索してください。指定した名字の方が日本全国にどれくらいいるか、都道府県別の世帯数一覧を表示します。 名字のルーツや全国への広がりや分布状況の参考にしてください。 ※あくまで参考値であり保証するものではありません。
苗字

同じ名字の人と交流する

同じ名字の人が集うページを設置しております。同姓の方と交流してみてください。


ページの先頭へ