石崎さんの北海道分布

石崎の世帯数
このページは石崎さんが北海道に何人くらいいるか市区町村毎のおおよその世帯数を表したものです。 石崎さんの分布状況の参考にしてください。
※あくまで参考値であり保証するものではありません。

※本サイトではプライバシー保護のため人口が少ない場合は[ほとんどいない]、[0~10人前後]等と表現させていただいております。各市区町村の合計と[北海道の推定人口]は一致しません。

北海道の推定人口2,800人程度 北海道の推定順位304位
順位 市区町村 石崎 人口
札幌市約280人
旭川市約180人
小樽市約70人
函館市約60人
釧路市約50人
上川郡約50人
岩見沢市約50人
勇払郡約40人
苫小牧市約30人
北斗市約30人
順位 市区町村 石崎 人口
11位標津郡約30人
12位北見市約30人
13位石狩市約30人
14位帯広市約30人
15位室蘭市約30人
16位名寄市約30人
17位富良野市約30人
18位厚岸郡約20人
19位余市郡約20人
20位江別市約20人

石崎さんの由来

  • 佐賀県唐津市の石崎さん 石崎氏の本姓は大河内姓。黒田家で重役を勤めた歴とした侍だったが、故あって浪人、たまたま怡土郡の石崎村に住んだので石崎姓に改めたという。  石崎氏の一族は市中に七・八軒あって、それぞれに裕福な商人だったが、刀町には中ノ菊屋・西ノ菊屋と呼ばれた作り酒屋と、他二軒の石崎氏がいた。中ノ菊屋は現在の、金華堂支店から米屋町の角までの一帯で、石崎一族でも最も裕福であった。引山〝赤獅子″を作ったといわれる石崎嘉兵衛はここの人だが、この人は文政四年、同苗八右衛門の三男に生れ、後に中ノ菊屋の常左衛門の養子となった人。この人を引山の創始者とするのは疑問がある。  西ノ菊屋は現在の唐津衣料センター辺り。明治の末頃には菊屋という旅館をやっていた。  藩制最後の頃の刀町々年寄は篠崎与市と石崎啓助だが、この石崎啓助の屋敷は、現在では道路になっているが、鶴田文具店の辺りで、本業は藩の御用仕立屋、長州征伐の時には陣羽織や手甲・脚絆などの注文が殺到して大儲けをしたらしい。  も一軒の石崎氏は材木町の本家菊屋が移り住んだものと思われ、中ノ菊屋の屋敷内にいた。この石崎氏は材木町時代、東ノ菊屋と呼ばれた作り酒屋だったが、後には医者をやっていた。

【名字由来教えてください】

石崎の由来についてご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。
「石崎」さんの由来やルーツ、一族の伝承や秘話等、この苗字に関するさまざまな逸話を教えてください。
削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。

石崎姓について由来や字の意味、他の読み方、画数、ローマ字表記、などいろいろな情報を掲載しています。

他の苗字の全国の分布を調べる

他に調べたい苗字があれば入力して検索してください。指定した名字の方が日本全国にどれくらいいるか、都道府県別の世帯数一覧を表示します。 名字のルーツや全国への広がりや分布状況の参考にしてください。 ※あくまで参考値であり保証するものではありません。
苗字

同じ名字の人と交流する

同じ名字の人が集うページを設置しております。同姓の方と交流してみてください。


ページの先頭へ