“丁”の書き順

‘丁’の由来や起源

“丁”の読み方

普通の読み方

音読み:てい ちょう とう
訓読み:ひのと あたる よぼろ

名前として使われる読み方

あたる、あつ、つよし、のり、ひのと

“丁”の由来や意味

ひのと。十干の第四番目。成年の男子。賽の目の偶数。書物の一葉。
甲骨・金文は特定の点、またはその一点に打ちこむくぎの頭を描いたもの。篆文テンブンはT型に書き、平面上の一点に直角にくぎをあてたさま。丁は釘テイ(くぎ)の原字。

文字の種類

象形文字

“丁”は象形文字という種類の文字です。 象形文字とは、漢字分類の用語としては、目に見えるものの形をかたどったり、描かれた絵をもとに作られた漢字で表語文字の一種。古代エジプト文字(ヒエログリフ、聖刻文字)を指すこともあります。

“丁”の画数

2画

“丁”の画数は2画で同じ画数の文字には、
等があります。

“丁”の部首

一:いち

アンケート

“丁”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“丁”のつく名前

“丁”がつく名字

“丁”の字がつく苗字には 八丁目丁字谷丁畑万丁居丁沢丁銀大丁丁井四間丁壱丁 等があります。

“丁”がつく名前

本サイトのデータには登録されていませんでした。

ページの先頭へ