下の書き順

‘下’の由来や起源

“下”の読み方

普通の読み方

音読み:か げ
訓読み:した しも もと

名前として使われる読み方

し、じ、した、しも、もと

“下”の由来や意味

した。しも。もと。 さげる。くだる。おろす。 地位や身分が低い。順が後。
おおいの下にものがあることを示す。した、したになるの意をあらわす。上の字の反対の形。

文字の種類

指事文字

“下”は指事文字という種類の文字です。 指事文字とは、形として表しにくいことがらを、点や線で示し、その図をもとに作られた漢字です。例えば「上」と「下」は、横棒の上に点があることで「うえ」を、下は横棒よりも点が下にあることで「した」を表している。

“下”の画数

3画

“下”の画数は3画で同じ画数の文字には、
等があります。

“下”の部首

一:いち

アンケート

“下”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“下”のつく名前

“下”がつく名字

“下”の字がつく苗字には 井下田佐下谷掘下下引地段野下下入ケ山槇下下溝口下塩見下黒 等があります。

“下”がつく名前

本サイトのデータには登録されていませんでした。

ページの先頭へ