“九”の書き順

‘九’の由来や起源

“九”の読み方

普通の読み方

音読み:きゅう く
訓読み:ここのつ

名前として使われる読み方

かず、ここ、ただ、ちか、ちかし、つね、なが、ひこ、ひさ、ひさし

“九”の由来や意味

ここの。ここのつ。
手を曲げて引き締める姿を描いたもので、つかえて曲がる意を示す。転じて、一から九までの基数のうち、最後の引き締めにあたる九の数、また指折り数えて、両手で指を全部引き締めようとするときに出てくる九の数を示す。究(奥深くゆきづまって曲がる最後の所)の音符となる。また、糾合キュウゴウの糾、鳩合キュウゴウの鳩と通じる。証文や契約書では、改竄カイザンや誤解をさけるために、玖と書くことがある。

文字の種類

象形文字

“九”は象形文字という種類の文字です。 象形文字とは、漢字分類の用語としては、目に見えるものの形をかたどったり、描かれた絵をもとに作られた漢字で表語文字の一種。古代エジプト文字(ヒエログリフ、聖刻文字)を指すこともあります。

“九”の画数

2画

“九”の画数は2画で同じ画数の文字には、
等があります。

“九”の部首

乙:おつ

アンケート

“九”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“九”のつく名前

“九”がつく名字

“九”の字がつく苗字には 九之坪九護九野二九九郎丸九司九村九町九藤九保 等があります。

“九”がつく名前

“九”の字がつく名前には 九恵弘九九美子九志九仁子九史九実子九二雄九州男九三子 等があります。

ページの先頭へ