‘亜’の由来や起源

“亜”の読み方

普通の読み方

音読み:あ あつ おう
訓読み:つぐ

名前として使われる読み方

つぎ、つぐ

“亜”の由来や意味

「亜」は古くは「亞」と書き、建物の土台を表している。次。次位。準ずる。あいむこ(姉妹の夫どうし)。アジア。また。分岐点。どもる声。つぐ。準ずる。 アジアのこと。
建物や墓をつくるために地下に四角く掘った土台を描いたもので、表に出ない下のささえの意から、転じて、つぐことを意味する。堊ア(建物の土台となる粘土)の原字。また、下でつかえるの意を派生し、唖ア(のどがつかえてしゃべることが出来ない。)・惡アク・オ(=悪。胸がつかえるいやな気持ち)に含まれる。

文字の種類

象形文字

“亜”は象形文字という種類の文字です。 象形文字とは、漢字分類の用語としては、目に見えるものの形をかたどったり、描かれた絵をもとに作られた漢字で表語文字の一種。古代エジプト文字(ヒエログリフ、聖刻文字)を指すこともあります。

“亜”の画数

7画

“亜”の画数は7画で同じ画数の文字には、
等があります。

“亜”の部首

二:に

アンケート

“亜”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“亜”のつく名前

“亜”がつく名字

“亜”の字がつく苗字には 亜宮原亜衣亜厂亜原亜地知亜雁亜比留巴亜久興亜亜岐 等があります。

“亜”がつく名前

“亜”の字がつく名前には 亜土亜吉亜花理亜津沙亜沙実亜可根葉亜舞亜希乃紗里亜早亜弥 等があります。

ページの先頭へ