‘京’の由来や起源

“京”の読み方

普通の読み方

音読み:きょう けい きん
訓読み:みやこ

名前として使われる読み方

あつ、おさむ、たかし、ちか、ひろし

“京”の由来や意味

みやこ。 数の単位。
上部は楼閣の姿(高の字の上部と同じ)、下部は小高い土台を描いたもので、高く明るく大きいの意を含む。上古の人々は洪水や湿気をさけて、高く明るい丘の上に部落をつくり、やがてそれが中心都市となり、京ミヤコの意を生じた。景ケイ(明るい日影)・鯨ゲイ(大きいくじら)に含まれる。

文字の種類

象形文字

“京”は象形文字という種類の文字です。 象形文字とは、漢字分類の用語としては、目に見えるものの形をかたどったり、描かれた絵をもとに作られた漢字で表語文字の一種。古代エジプト文字(ヒエログリフ、聖刻文字)を指すこともあります。

“京”の画数

8画

“京”の画数は8画で同じ画数の文字には、
等があります。

“京”の部首

亠:なべぶた・けいさん・けいさんかん

アンケート

“京”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“京”のつく名前

“京”がつく名字

“京”の字がつく苗字には 南京坂京下京田京牟礼京中京良吉松京京砂京崎京家 等があります。

“京”がつく名前

“京”の字がつく名前には 京治京歌京二郎京衣子左京京薫京滋知京京輔京樺 等があります。

ページの先頭へ