‘亮’の由来や起源

“亮”の読み方

普通の読み方

音読み:りょう
訓読み:あきらか すけ

名前として使われる読み方

あき、あきら、かつ、きよし、すけ、たすく、とおる、ふさ、まこと、よし、より、ろ

“亮”の由来や意味

俳優の加瀬 亮(カセ リョウ)さんの亮。「高」の下にある口の部分をカタカナの「ル」に変えた漢字。漢字の上部は「京」の省略形で「高くて明るい」の意味。これに「人」を表す「儿」を組み合わせて、「人の振る舞いが明るくはっきりしている」ことを表す。あきらか。あかるい。 たすける。すけ。昔の官名。四等官の第二位。
「人+音符京(明るい)の略体」で、高くて明るいの意を含む。京は諒リョウ(はっきり)・涼(清らか)にも含まれ、そのさいリョウという音をあらわす。

文字の種類

会意兼形声文字

“亮”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“亮”の画数

9画

“亮”の画数は9画で同じ画数の文字には、
等があります。

“亮”の部首

亠:なべぶた・けいさん・けいさんかん

アンケート

“亮”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“亮”のつく名前

“亮”がつく名字

“亮”の字がつく苗字には 亮木大膳亮 等があります。

“亮”がつく名前

“亮”の字がつく名前には 吉亮亮允亮輔尋亮紀亮亮行亮広一亮亮章成亮 等があります。

ページの先頭へ