“人”の書き順

‘人’の由来や起源

“人”の読み方

普通の読み方

音読み:じん にん
訓読み:ひと

名前として使われる読み方

きよ、さね、たみ、と、ひこ、ひと、ひとし、ふと、め

“人”の由来や意味

人間の人。ヒト。「人」は猫背で手をだらんと垂らした人の形を表している。ひと。人間。
人のたった姿を描いたもので、もと身近な同族や隣人仲間を意味した。孔子は、その範囲を「四海同胞」というところまで拡大し、広く隣人愛の心を仁ジン(ヒューマニズム)と名づけた。

文字の種類

象形文字

“人”は象形文字という種類の文字です。 象形文字とは、漢字分類の用語としては、目に見えるものの形をかたどったり、描かれた絵をもとに作られた漢字で表語文字の一種。古代エジプト文字(ヒエログリフ、聖刻文字)を指すこともあります。

“人”の画数

2画

“人”の画数は2画で同じ画数の文字には、
等があります。

“人”の部首

人:ひと

アンケート

“人”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“人”のつく名前

“人”がつく名字

“人”の字がつく苗字には 人場真人蔵人人形家久人人羅人江人与人長人目 等があります。

“人”がつく名前

“人”の字がつく名前には 重人真記人世人鑑人創人秀飛人豪人現人粛人且人 等があります。

ページの先頭へ