十の書き順

‘十’の由来や起源

“十”の読み方

普通の読み方

音読み:じゅう じつ
訓読み:とう とたび

名前として使われる読み方

かず、しげ、じつ、そ、ただ、と、とお、とみ、ひさし、みつ、みつる

“十”の由来や意味

とお。と。
全部を一本に集めて一単位とすることを|印で示すもの。その中央がまるくふくれ、のち十の字体となった。多くのものを寄せ集めてまとめる意を含む。促音の語尾pがtに転じた場合はジツまたはジュツと読み、mに転じた場合はシン(シム)と読む。証文や契約書では改竄カイザンや誤解をさけるため、拾と書くことがある。

文字の種類

指事文字

“十”は指事文字という種類の文字です。 指事文字とは、形として表しにくいことがらを、点や線で示し、その図をもとに作られた漢字です。例えば「上」と「下」は、横棒の上に点があることで「うえ」を、下は横棒よりも点が下にあることで「した」を表している。

“十”の画数

2画

“十”の画数は2画で同じ画数の文字には、
等があります。

“十”の部首

十:じゅう

アンケート

“十”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“十”のつく名前

“十”がつく名字

“十”の字がつく苗字には 十字十七女十都十朱十角十手山十七部十場十倍十菱 等があります。

“十”がつく名前

“十”の字がつく名前には 十希子十志夫五十鈴十太郎東十郎十史美十詩彦五十美十志博八十吉 等があります。

ページの先頭へ