“口”の書き順

‘口’の由来や起源

“口”の読み方

普通の読み方

音読み:こう く
訓読み:くち

名前として使われる読み方

あき、くち、ひろ

“口”の由来や意味

くち。言葉。出入りぐち。刀剣を数える助数詞。
人間のくちやあなを描いたもの。その音がつづまれば谷(あなのあいたたに)、語尾が伸びれば孔(あな)や空(筒抜けのあな)となる。いずれも、中空にあなのあいた意を含む。

文字の種類

象形文字

“口”は象形文字という種類の文字です。 象形文字とは、漢字分類の用語としては、目に見えるものの形をかたどったり、描かれた絵をもとに作られた漢字で表語文字の一種。古代エジプト文字(ヒエログリフ、聖刻文字)を指すこともあります。

“口”の画数

3画

“口”の画数は3画で同じ画数の文字には、
等があります。

“口”の部首

口:くち

アンケート

“口”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“口”のつく名前

“口”がつく名字

“口”の字がつく苗字には 洞口坂口屋口分田東門口須口小和口手口笘口大井口地口 等があります。

“口”がつく名前

“口”の字がつく名前には 樋口 等があります。

ページの先頭へ