“和”の書き順

‘和’の由来や起源

“和”の読み方

普通の読み方

音読み:わ か
訓読み:やわらぐ なごむ なごやか

名前として使われる読み方

あい、あえ、かず、かた、かつ、かのう、すず、たか、ちか、とし、とも、な、のどか、ひとし、まさ、ます、やす、やすし、やまと、やわ、やわら、よし、より、わたる

“和”の由来や意味

「平和(ヘイワ)」の「ワ」。「禾」は軍隊の門の前にある標識、「口」は祝詞を入れる器を表し、「軍隊の門の前で、神に平和を誓い合う」様子を表現する。やわらぐ。やわらげる。なごむ。なごやか。あえる。混ぜ合わせる。なぐ。なぎ。日本のこと。二つ以上の数を合わせる。
禾は粟アワの穂のまるくしなやかにたれたさまを描いた象形文字。窩カ(まるい穴)とも縁が近く、かどだたない意を含む。和は「口+音符禾カ」。

文字の種類

会意兼形声文字

“和”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“和”の画数

8画

“和”の画数は8画で同じ画数の文字には、
等があります。

“和”の部首

口:くち

アンケート

“和”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“和”のつく名前

“和”がつく名字

“和”の字がつく苗字には 和田堀風和怒和和武仁和寺仁和田和田中和根崎和達京和泉 等があります。

“和”がつく名前

“和”の字がつく名前には 和豊和吉佐和則和香子和詮和則朝和起和和侑清和 等があります。

ページの先頭へ