四の書き順

‘四’の由来や起源

“四”の読み方

普通の読み方

音読み:し
訓読み:よつ よたび

名前として使われる読み方

ひろ、もち、もろ、よ、よつ、よよ

“四”の由来や意味

よ。よつ。よっつ。よん。
古くは一線四本で示したが、のち四と書く。四は「囗+八印(分かれる)」で、口から出た息が、ばらばらに分かれることをあらわす。分散した数。証文や契約書などで、改竄カイザンや誤解をさけるために肆を用いることがある。

文字の種類

会意文字

“四”は会意文字という種類の文字です。 会意文字とは、象形文字や指事文字などの既に文字を組み合わせて、もとの漢字とは別の意味を表す文字となった漢字です。例えば、「休」は「人」と「木」によって構成され、人が木に寄りかかって休むことから「やすむ」の意味を表す字として作られたとされる。

“四”の画数

5画

“四”の画数は5画で同じ画数の文字には、
等があります。

“四”の部首

囗:くにがまえ

アンケート

“四”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“四”のつく名前

“四”がつく名字

“四”の字がつく苗字には 四作四ツ嶽四十九院四分四斗大四四郎田四ツ関水四四十内 等があります。

“四”がつく名前

“四”の字がつく名前には 十四雄元四郎三四郎重四郎昭四郎欣四郎幸四朗協四郎順四郎金四郎 等があります。

ページの先頭へ