‘囲’の由来や起源

“囲”の読み方

普通の読み方

音読み:い とう
訓読み:かこむ かこい かこう むち

名前として使われる読み方

もり

“囲”の由来や意味

かこむ。周りをとりまく。 かこう。隠しておく。 かこい。
韋イは、口印の周囲を、右足と左足が回っているさまを示す会意文字。圍は「囗(かこむ)+音符韋イ」で、ぐるりと周囲をかこむこと。韋がからだに巻きつけるなめし皮の意に転用されたため、圍がその原義を継いだ。韋

文字の種類

会意兼形声文字

“囲”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“囲”の画数

7画

“囲”の画数は7画で同じ画数の文字には、
等があります。

“囲”の部首

囗:くにがまえ

アンケート

“囲”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“囲”のつく名前

“囲”がつく名字

“囲”の字がつく苗字には 若穂囲若穗囲佐囲東御囲囲夜釈囲和穂囲 等があります。

“囲”がつく名前

“囲”の字がつく名前には 亜囲子 等があります。

ページの先頭へ