“土”の書き順

‘土’の由来や起源

“土”の読み方

普通の読み方

音読み:ど と
訓読み:つち

名前として使われる読み方

ただ、つち、つつ、のり、はに、ひじ

“土”の由来や意味

つち。土地。
土を盛った姿を描いたもの。古代人は土に万物をうみ出す充実した力があると認めて土をまつった。このことから、土は充実したの意を含む。また、土の字は、社の原字であり、やがて土地の神や氏神の意となる。のち、各地の代表的な樹木を形代カタシロとして土盛りにかえた。「説文解字」に、「土は地の万物を吐生するものなり」とある。

文字の種類

象形文字

“土”は象形文字という種類の文字です。 象形文字とは、漢字分類の用語としては、目に見えるものの形をかたどったり、描かれた絵をもとに作られた漢字で表語文字の一種。古代エジプト文字(ヒエログリフ、聖刻文字)を指すこともあります。

“土”の画数

3画

“土”の画数は3画で同じ画数の文字には、
等があります。

“土”の部首

土:つち

アンケート

“土”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“土”のつく名前

“土”がつく名字

“土”の字がつく苗字には 土井信榎土土築土器屋土生津辺土土多土江山土土村 等があります。

“土”がつく名前

“土”の字がつく名前には 尚土野留土英土土筆夏留土紹土歓土土彦日土美陽土 等があります。

ページの先頭へ