‘城’の由来や起源

“城”の読み方

普通の読み方

音読み:じょう
訓読み:しろ きずく

名前として使われる読み方

き、くに、さね、しげ、しろ、なり、むら

“城”の由来や意味

しろ。きずく。
成は「戈(ほこ)+音符丁(うって固める)」の会意兼形声文字で、とんとんたたいて、固める意を含む。城は「土+音符成」で、住民全体をまとめて防壁の中に入れるため、土を盛って固めた城のこと。「説文解字」には「城とは民を盛るもの」とある。成

文字の種類

会意兼形声文字

“城”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“城”の画数

9画

“城”の画数は9画で同じ画数の文字には、
等があります。

“城”の部首

土:つちへん・どへん

アンケート

“城”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“城”のつく名前

“城”がつく名字

“城”の字がつく苗字には 与那城圓城寺殿城沼城丸城興那城城埜密城城所達城 等があります。

“城”がつく名前

“城”の字がつく名前には 一城麻城子将城裕城城世奈都城城三子陽城祐城城生 等があります。

ページの先頭へ