‘基’の由来や起源

“基”の読み方

普通の読み方

音読み:き
訓読み:もとい もと もとずく

名前として使われる読み方

のり、はじむ、はじめ、もと、もとい

“基”の由来や意味

基本の基。「其」は「箕(キ)」という農具を表し、これに「土」を組み合わせた。「土の上に四角いもの(箕)がある=建物がある」となり、「建物の土台」を意味する。もと。もとい。物事の根本、おこり。
其キは、四角い箕ミを描いた象形文字。四角い意を含む。基は「土+音符其」で、四角い土台のこと。其

文字の種類

会意兼形声文字

“基”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“基”の画数

11画

“基”の画数は11画で同じ画数の文字には、
等があります。

“基”の部首

土:つち

アンケート

“基”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“基”のつく名前

“基”がつく名字

“基”の字がつく苗字には 基井基村清水基基太村幡基將基山基基山雄基基江 等があります。

“基”がつく名前

“基”の字がつく名前には 基恵基栄子主基基康津基子春基基弥安基基美夫基陽 等があります。

ページの先頭へ