“子”の書き順

‘子’の由来や起源

“子”の読み方

普通の読み方

音読み:し す
訓読み:こ み おとこ

名前として使われる読み方

こ、さね、しげ、しげる、たか、ただ、たね、ちか、つぐ、とし、ね、み、みる、やす

“子”の由来や意味

子供の子。子供の形を描いて生まれた漢字が「子」。こ。こども。 ね。十二支の第一番目。
子の原字に二つあり、一つは小さい子どもを描いたもの。もう一つは子どもの頭髪がどんどん伸びるさまを示し、おもに十二支の子シの場合に用いた。のちこの二つは混同して子と書かれる。

文字の種類

象形文字

“子”は象形文字という種類の文字です。 象形文字とは、漢字分類の用語としては、目に見えるものの形をかたどったり、描かれた絵をもとに作られた漢字で表語文字の一種。古代エジプト文字(ヒエログリフ、聖刻文字)を指すこともあります。

“子”の画数

3画

“子”の画数は3画で同じ画数の文字には、
等があります。

“子”の部首

子:こ

アンケート

“子”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“子”のつく名前

“子”がつく名字

“子”の字がつく苗字には 御子川子猿子山子澤子鹿鷹子烏子把子武子勝文子 等があります。

“子”がつく名前

“子”の字がつく名前には 桃望子衣実子衣紗子莉加子多未子和嘉子葵実子響子須重子莉香子 等があります。

ページの先頭へ