‘宮’の由来や起源

“宮”の読み方

普通の読み方

音読み:きゅう ぐう
訓読み:みや いえ

名前として使われる読み方

いえ、たか、みや

“宮”の由来や意味

みや。身分の高い人などが住む大きな建物。家。
「宀(やね)+二つの口印(くちではなくて、建物のスペース)」で、奥深く、いくむねもの建物があることを示す。

文字の種類

会意文字

“宮”は会意文字という種類の文字です。 会意文字とは、象形文字や指事文字などの既に文字を組み合わせて、もとの漢字とは別の意味を表す文字となった漢字です。例えば、「休」は「人」と「木」によって構成され、人が木に寄りかかって休むことから「やすむ」の意味を表す字として作られたとされる。

“宮”の画数

10画

“宮”の画数は10画で同じ画数の文字には、
等があります。

“宮”の部首

宀:うかんむり

アンケート

“宮”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“宮”のつく名前

“宮”がつく名字

“宮”の字がつく苗字には 五和宮宮亀代宮司田々宮西宮宮波出宮一ノ宮宮嵜末宮 等があります。

“宮”がつく名前

“宮”の字がつく名前には 恵宮郁宮弥子紀宮子恵宮子宮二子久宮子宮美宮仁子宮美子聡宮 等があります。

ページの先頭へ