‘寺’の由来や起源

“寺”の読み方

普通の読み方

音読み:じ し
訓読み:てら

名前として使われる読み方

特になし

“寺”の由来や意味

てら。
「寸(て)+音符之(足で進む)」。手足を動かして働くこと。侍(はべる)や接待の待の原字。転じて、雑用をつかさどる役所のこと。また、漢代に西域から来た僧を鴻臚寺コウロジという接待所に泊めたため、のち寺を仏寺の意に用いるようになった。

文字の種類

会意兼形声文字

“寺”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“寺”の画数

6画

“寺”の画数は6画で同じ画数の文字には、
等があります。

“寺”の部首

寸:すん・すんづくり

アンケート

“寺”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“寺”のつく名前

“寺”がつく名字

“寺”の字がつく苗字には 下寺普賢寺光國寺如法寺願城寺寺才本大寺寺畑寺二安用寺 等があります。

“寺”がつく名前

本サイトのデータには登録されていませんでした。

ページの先頭へ