‘弁’の由来や起源

“弁”の読み方

普通の読み方

音読み:べん へん
訓読み:かんむり わける わきまえる

名前として使われる読み方

さだ、そなう、ただ、なか、のぶ、わけ

“弁”の由来や意味

わける。区別する。わきまえる。液体などの流れを調節するもの。
弁は、冠の形に両手を加えたもの。ベンという語は被ヒ(かぶる)蔽ヘイ(おおう)などと同系。辨は「辛(刃物)二つ+刀」、辯は「辛(刃物)二つ+言」、瓣は「辛(刃物)二つ+瓜」の会意文字で、刃物や刀で物事や瓜を切りわけることをあらわす。

文字の種類

会意文字

“弁”は会意文字という種類の文字です。 会意文字とは、象形文字や指事文字などの既に文字を組み合わせて、もとの漢字とは別の意味を表す文字となった漢字です。例えば、「休」は「人」と「木」によって構成され、人が木に寄りかかって休むことから「やすむ」の意味を表す字として作られたとされる。

“弁”の画数

5画

“弁”の画数は5画で同じ画数の文字には、
等があります。

“弁”の部首

廾:にじゅうあし・こまぬき

アンケート

“弁”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“弁”のつく名前

“弁”がつく名字

“弁”の字がつく苗字には 員弁弁吹小弁野弁納弁谷弁崎弁官弁木藺弁田 等があります。

“弁”がつく名前

“弁”の字がつく名前には 一弁 等があります。

ページの先頭へ