‘愛’の由来や起源

“愛”の読み方

普通の読み方

音読み:あい
訓読み:めでる おしむ いとしい

名前として使われる読み方

あき、さね、ちか、ちかし、つね、なり、なる、のり、ひで、めぐむ、やす、よし、より

“愛”の由来や意味

愛情の愛。「愛」はもともと「㤅(アイ)」に「夂」を組み合わせた漢字だった。 「旡」は後ろを振り返る人、「夂」は人の足、これに「心」を組み合わせて、「心が揺れて足を止める様子」を表現している。いとしい。おしむ。大切にする。めでる。いつくしむ。まな。
旡カイ・キとは、人が胸を詰まらせて後ろにのけぞったさま。愛は「心+夂(足をひきずる)+音符旡」で、心がせつなく詰まって、足もそぞろに進まないさま。

文字の種類

会意兼形声文字

“愛”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“愛”の画数

13画

“愛”の画数は13画で同じ画数の文字には、
等があります。

“愛”の部首

心:

アンケート

“愛”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“愛”のつく名前

“愛”がつく名字

“愛”の字がつく苗字には 愛知愛染愛瀬愛下愛島愛徳愛坪愛地愛原愛津 等があります。

“愛”がつく名前

“愛”の字がつく名前には 愛治永愛成愛貴与愛嘉知愛愛姫乃有璃愛淑愛雅愛望愛 等があります。

ページの先頭へ