‘振’の由来や起源

“振”の読み方

普通の読み方

音読み:しん
訓読み:ふる ふるう ふり

名前として使われる読み方

とし、のぶ、ふり、ふる

“振”の由来や意味

ふるう。ゆさぶる。揺り動かす。ふるいたつ。すくう。ふる。わりあてる。相手にしない。すてる。
辰シンは、蜃シン(はまぐり)の原字で、貝が開いてぴらぴらとふるう舌の出たさまを描いた象形文字。振は「手+音符辰」で、貝の舌のように、小きざみにふるえ動くこと。辰

文字の種類

会意兼形声文字

“振”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“振”の画数

10画

“振”の画数は10画で同じ画数の文字には、
等があります。

“振”の部首

扌:てへん

アンケート

“振”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“振”のつく名前

“振”がつく名字

“振”の字がつく苗字には 振津千振振木金振振古振槌振井振五振分振吉 等があります。

“振”がつく名前

“振”の字がつく名前には 振一振一郎振一朗振太郎振吾振也振興 等があります。

ページの先頭へ