‘撫’の由来や起源

“撫”の読み方

普通の読み方

音読み:ぶ ふ
訓読み:なでる

名前として使われる読み方

特になし

“撫”の由来や意味

なでる。さする。いたわる。大切にする。
「手+音符無」。もと摸や摩(なでる)と同じく、手でなでること。のち、手を相手の頭や肩にやさしくあてる意に用いる。

文字の種類

形声文字

“撫”は形声文字という種類の文字です。 形声文字とは、意味を表す部分(意符=形)と発音を表す部分(音符=声)を組み合わせてできた漢字。漢字の80%以上は、形声文字です。例えば「河」(カ)は、左側の「氵」(さんずい)が意符で、水を表し右側の「可」が音符で音を表す。

“撫”の画数

15画

“撫”の画数は15画で同じ画数の文字には、
等があります。

“撫”の部首

扌:てへん

アンケート

“撫”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“撫”のつく名前

“撫”がつく名字

“撫”の字がつく苗字には 鳥撫撫谷撫原撫川横撫撫山撫中撫子撫木撫坂 等があります。

“撫”がつく名前

本サイトのデータには登録されていませんでした。

ページの先頭へ