‘明’の由来や起源

“明”の読み方

普通の読み方

音読み:めい みょう
訓読み:あかるい あきらか あける

名前として使われる読み方

あか、あかり、あかる、あき、あきら、あけ、きよし、くに、てる、とおる、とし、のり、はる、ひろ、みつ、よし

“明”の由来や意味

明暗の明。「あかるい」。もとは「朙」と書いた。「囧」は部屋の窓を表し、「月」と組み合わせることで「(月の光が窓から差し込んで)明るく照らす」様子を表す。あかるい。あきらか。あける。夜があける。あかり。あきらかにする。はっきりしている。中国の王朝の名。
「日+月」ではなくて、もと「冏ケイ(まど)+月」で、あかり取りの窓から、月光が差しこんで物が見えることを示す。あかるいこと。また、人に見えないものを見分ける力を明という。

文字の種類

会意文字

“明”は会意文字という種類の文字です。 会意文字とは、象形文字や指事文字などの既に文字を組み合わせて、もとの漢字とは別の意味を表す文字となった漢字です。例えば、「休」は「人」と「木」によって構成され、人が木に寄りかかって休むことから「やすむ」の意味を表す字として作られたとされる。

“明”の画数

8画

“明”の画数は8画で同じ画数の文字には、
等があります。

“明”の部首

日:ひへん・にちへん

アンケート

“明”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“明”のつく名前

“明”がつく名字

“明”の字がつく苗字には 明才地明石家明本桐明齋明寺宇新明斎明寺生明明司明護 等があります。

“明”がつく名前

“明”の字がつく名前には 明徳明日巳明歩寿明明英昇明明輝雄明日妃明紗光明子 等があります。

ページの先頭へ