‘洞’の由来や起源

“洞”の読み方

普通の読み方

音読み:どう とう
訓読み:ほがらか ふかい ほら

名前として使われる読み方

あき、あきら、ひろ、ほら

“洞”の由来や意味

ほら。ほらあな。
同は、版築を築くときに使う長方形の板に、穴をあけたことを示すために口を加えた会意文字。洞は「水+音符同」で、水が突き抜けるように速く流れること。また、水がつきぬけるほら穴。

文字の種類

会意兼形声文字

“洞”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“洞”の画数

9画

“洞”の画数は9画で同じ画数の文字には、
等があります。

“洞”の部首

氵:さんずい

アンケート

“洞”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“洞”のつく名前

“洞”がつく名字

“洞”の字がつく苗字には 栃洞廣洞洞派是洞洞川洞垣道洞下洞柚洞巖洞 等があります。

“洞”がつく名前

本サイトのデータには登録されていませんでした。

ページの先頭へ