‘津’の由来や起源

“津”の読み方

普通の読み方

音読み:しん
訓読み:つ

名前として使われる読み方

す、ず、つ

“津”の由来や意味

つ。渡し場。船着場。
津の字の右側はもと「聿(手で火ばしを持つさま)+火(もえかす)」の会意文字で、小さい燃えかす。または、「聿(手でふでを持っているようす)+彡(しずくがたれるしるし)」の会意文字で、わずかなしずく。津はそれにさんずいを加えたもので、水が少なく、尽きようとしてたれることを示す。のち、うるおす、しめった浅瀬などの意を派生した。

文字の種類

会意兼形声文字

“津”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“津”の画数

9画

“津”の画数は9画で同じ画数の文字には、
等があります。

“津”の部首

氵:さんずい

アンケート

“津”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“津”のつく名前

“津”がつく名字

“津”の字がつく苗字には 津和石津江津布工浜荒津士津田津雪津脇土射津左津前中津江 等があります。

“津”がつく名前

“津”の字がつく名前には 示津恵奈津香亜津美津也沙津紀賀津俊千津節津子津也子世津代 等があります。

ページの先頭へ