“生”の書き順

‘生’の由来や起源

“生”の読み方

普通の読み方

音読み:せい しょう
訓読み:はえる おう うまれる

名前として使われる読み方

あり、い、いき、いく、いける、う、うまる、お、おき、き、すすむ、たか、なり、なる、のう、のり、ふ、ふゆ、ぶ、み、よ

“生”の由来や意味

生命の生。「イキル」。「生」は土から草が生え出る様子をそのまま字に表した漢字。いきる。 うまれる。うむ。 はえる。はやす。 なま。いのち。き。うぶ。
「若芽の形+土」で、地上に若芽のはえたさまを示す。いきいきとして新しい意を含む。

文字の種類

会意文字

“生”は会意文字という種類の文字です。 会意文字とは、象形文字や指事文字などの既に文字を組み合わせて、もとの漢字とは別の意味を表す文字となった漢字です。例えば、「休」は「人」と「木」によって構成され、人が木に寄りかかって休むことから「やすむ」の意味を表す字として作られたとされる。

“生”の画数

5画

“生”の画数は5画で同じ画数の文字には、
等があります。

“生”の部首

生:うまれる・いきる

アンケート

“生”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“生”のつく名前

“生”がつく名字

“生”の字がつく苗字には 大ケ生納生萩生田生田島生良備生豊丹生麻植生生吹椙生 等があります。

“生”がつく名前

“生”の字がつく名前には 生真好生丈生充生生沙顕生五月生緑生昇生喬生 等があります。

ページの先頭へ