‘相’の由来や起源

“相”の読み方

普通の読み方

音読み:しょう そう
訓読み:あい みる たすける

名前として使われる読み方

あい、あう、あきら、さ、すけ、たすく、とも、はる、まさ、また、み、みる

“相”の由来や意味

みる。観察する。たすける。補佐する。互いに。
「木+目」の会意文字で、木を対象において目でみること。AとBとがむきあう関係をあらわす。

文字の種類

会意文字

“相”は会意文字という種類の文字です。 会意文字とは、象形文字や指事文字などの既に文字を組み合わせて、もとの漢字とは別の意味を表す文字となった漢字です。例えば、「休」は「人」と「木」によって構成され、人が木に寄りかかって休むことから「やすむ」の意味を表す字として作られたとされる。

“相”の画数

9画

“相”の画数は9画で同じ画数の文字には、
等があります。

“相”の部首

目:め

アンケート

“相”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“相”のつく名前

“相”がつく名字

“相”の字がつく苗字には 相田異相相嶋小相沢相樂相内白相相関相本相合谷 等があります。

“相”がつく名前

“相”の字がつく名前には 邦相良相相浦忠相相衣賢相相達相子智相相孝 等があります。

ページの先頭へ