‘節’の由来や起源

“節”の読み方

普通の読み方

音読み:せつ せち
訓読み:ふし みさお のっと

名前として使われる読み方

お、さだ、たか、たかし、たけ、とき、とも、のり、ふ、ふし、ほど、まこと、みさ、みさお、みね、もと、よ、よし

“節”の由来や意味

ふし。竹のふし。みさお。
即ソクは「ごちそう+ひざを折ってひざまずいた人」の会意文字。ここでは「卩」の部分(ひざを折ること)に重点がある。節は「竹+ひざを折った人」で、ひざをふしとして足が区切れるように、一段ずつ区切れる竹のふし。即

文字の種類

会意文字

“節”は会意文字という種類の文字です。 会意文字とは、象形文字や指事文字などの既に文字を組み合わせて、もとの漢字とは別の意味を表す文字となった漢字です。例えば、「休」は「人」と「木」によって構成され、人が木に寄りかかって休むことから「やすむ」の意味を表す字として作られたとされる。

“節”の画数

13画

“節”の画数は13画で同じ画数の文字には、
等があります。

“節”の部首

竹:たけかんむり

アンケート

“節”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“節”のつく名前

“節”がつく名字

“節”の字がつく苗字には 節賀田節室節川節節原木節三節草名節節見節丸 等があります。

“節”がつく名前

“節”の字がつく名前には 信節節子節実節哉節津子節之節男節世節宏節也 等があります。

ページの先頭へ