‘精’の由来や起源

“精”の読み方

普通の読み方

音読み:せい しょう
訓読み:しらげよね くわしい こころ

名前として使われる読み方

あき、あきら、きよ、きよし、くわし、しげ、しら、すぐる、すみ、ただ、ただし、つとむ、ひとし、まこと、まさ、まさし、もり、よし

“精”の由来や意味

くわしい。こまかい。きよい。純粋。まじりけのない。精神。
青セイ(=青)は「生(はえたばかりの芽)+丼(井戸にたまった清い水)」の会意文字で、よごれなく澄んだ色をあらわす。精は「米+音符青」で、よごれなく精白した米。青

文字の種類

会意兼形声文字

“精”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“精”の画数

14画

“精”の画数は14画で同じ画数の文字には、
等があります。

“精”の部首

米:こめへん

アンケート

“精”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“精”のつく名前

“精”がつく名字

“精”の字がつく苗字には 精元大精島精広水精月精精園精廣精松黒精 等があります。

“精”がつく名前

“精”の字がつく名前には 精次精浩宏精精華精晃精視精孝精士精彦精豪 等があります。

ページの先頭へ