‘紀’の由来や起源

“紀”の読み方

普通の読み方

音読み:き
訓読み:おさめる のり しるす

名前として使われる読み方

あき、おさ、おさむ、かず、かなめ、こと、しるす、すみ、ただ、ただし、つぐ、つな、とし、のり、はじめ、もと、よし

“紀”の由来や意味

「紀元前(キゲンゼン)」の「紀(キ)」。「己」は糸を巻き取る「糸巻き」の形を表し、これに「糸」を組み合わせて「糸を巻き取る」様子を表現している。しるす。のり。規律。
己キとは、曲がっておきたつさま。または、曲がった目じるし。紀は「糸+音符己」で、糸のはじめを求め、目じるしをつけ、そこから巻く、織るなどの動作をおこすこと。

文字の種類

会意兼形声文字

“紀”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“紀”の画数

9画

“紀”の画数は9画で同じ画数の文字には、
等があります。

“紀”の部首

糸:いとへん

アンケート

“紀”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“紀”のつく名前

“紀”がつく名字

“紀”の字がつく苗字には 紀原多紀荒紀賣豆紀紀伊紀の川紀納紀内紀伊国谷 等があります。

“紀”がつく名前

“紀”の字がつく名前には 真紀美政紀奈由紀登紀栄宗紀歳紀徳紀綾紀子真紀乃小紀 等があります。

ページの先頭へ