‘茶’の由来や起源

“茶”の読み方

普通の読み方

音読み:ちゃ さ た
訓読み:ちゃ

名前として使われる読み方

“茶”の由来や意味

チャ。茶の木。葉や茎を加工して作られた飲料。
もと「艸+音符余(のばす、くつろぐ)」。舒ジョ(くつろぐ)と同系で、もと緊張をといてからだをのばす効果のある植物。味がほろにがいことから、苦荼クトともいった。のち、一画をへらして茶と書くようになった。

文字の種類

会意兼形声文字

“茶”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“茶”の画数

9画

“茶”の画数は9画で同じ画数の文字には、
姿 等があります。

“茶”の部首

艹:くさかんむり

アンケート

“茶”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“茶”のつく名前

“茶”がつく名字

“茶”の字がつく苗字には 茶谷垣内茶坂茶々茶吉茶花茶圓茶幡茶林茶元 等があります。

“茶”がつく名前

“茶”の字がつく名前には 茶太郎茶乃茶愛茶子亜理茶茶野香有茶茶千子茶絵実茶羅 等があります。

ページの先頭へ