‘貴’の由来や起源

“貴”の読み方

普通の読み方

音読み:き
訓読み:とうとい たっとい とうとぶ

名前として使われる読み方

あつ、あて、たか、たかし、たけ、よし

“貴”の由来や意味

「貴重(キチョウ)」の「貴(キ)」。人間の両手を表す「臾」と、貝を表す「貝」を組み合わせて「貝を両手で捧げている」様子を表現している。とうとい。たっとい。たかい。身分や値打ちがたかい。とうとぶ。たっとう。うやまう。
臾は、両手で荷物を持つさま。貴は「両手でもっこをかつぐさま+貝(品物)」で、大きく目だった財貨。

文字の種類

会意文字

“貴”は会意文字という種類の文字です。 会意文字とは、象形文字や指事文字などの既に文字を組み合わせて、もとの漢字とは別の意味を表す文字となった漢字です。例えば、「休」は「人」と「木」によって構成され、人が木に寄りかかって休むことから「やすむ」の意味を表す字として作られたとされる。

“貴”の画数

12画

“貴”の画数は12画で同じ画数の文字には、
等があります。

“貴”の部首

貝:かい・こがい

アンケート

“貴”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“貴”のつく名前

“貴”がつく名字

“貴”の字がつく苗字には 貴内為貴貴谷貴理山富貴澤貴福貴伝名久保貴伊冨貴貴川田 等があります。

“貴”がつく名前

“貴”の字がつく名前には 友貴貴与太貴紗貴菜貴瑞将貴貴音貴由美津貴子亜貴加 等があります。

ページの先頭へ