‘造’の由来や起源

“造”の読み方

普通の読み方

音読み:ぞう
訓読み:つくる いたる なる

名前として使われる読み方

いたる、なり、なる、はじめ、みやつこ

“造”の由来や意味

つくる。物をつくる。いたる。行きつく。
告は「牛+口(わく)」の会意文字で、牛の角ツノにくっつけるとめ木。梏コクの原字。造は「(足の動作)+告(くっつける)」で、ある所まで届いてくっつく、材料をくっつけあわすなどの意。

文字の種類

会意文字

“造”は会意文字という種類の文字です。 会意文字とは、象形文字や指事文字などの既に文字を組み合わせて、もとの漢字とは別の意味を表す文字となった漢字です。例えば、「休」は「人」と「木」によって構成され、人が木に寄りかかって休むことから「やすむ」の意味を表す字として作られたとされる。

“造”の画数

10画

“造”の画数は10画で同じ画数の文字には、
等があります。

“造”の部首

辶:しんにょう・しんにゅう

アンケート

“造”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“造”のつく名前

“造”がつく名字

“造”の字がつく苗字には 光造箕造尾造宗造造船宝造寺萬造新造造座分造 等があります。

“造”がつく名前

“造”の字がつく名前には 豊造宏造勇造勝造堅造芳造章造浩造悦造彰造 等があります。

ページの先頭へ