‘錦’の由来や起源

“錦”の読み方

普通の読み方

音読み:きん
訓読み:にしき

名前として使われる読み方

かね、にしき

“錦”の由来や意味

にしき。金などの色糸で織り出された絹織物のこと。 にしきのように鮮やかで美しいもののこと。
「帛(絹織り)+音符金」。金糸を織りこんだ絹織物。のち、布帛フハクの最高のものを錦といった。

文字の種類

会意兼形声文字

“錦”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“錦”の画数

16画

“錦”の画数は16画で同じ画数の文字には、
等があります。

“錦”の部首

釒:かねへん

アンケート

“錦”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“錦”のつく名前

“錦”がつく名字

“錦”の字がつく苗字には 錦光山小錦錦田立錦錦帯錦職錦古里宮錦錦島錦本 等があります。

“錦”がつく名前

“錦”の字がつく名前には 錦四郎錦也錦次郎錦姫錦司錦寿錦士郎錦一錦花 等があります。

ページの先頭へ