‘間’の由来や起源

“間”の読み方

普通の読み方

音読み:かん けん
訓読み:あいだ ま しずか

名前として使われる読み方

ちか、はし、ま

“間”の由来や意味

あいだ。 ま。へだてる。うかがう。長さの単位。
間は俗字で、本来は「門+月」と書く。門のとびらのすきまから月の見えることをあらわすもので、二つにわけるの意を含む。間の本来の意味のほか、「閑」の意にも用いられる。

文字の種類

会意文字

“間”は会意文字という種類の文字です。 会意文字とは、象形文字や指事文字などの既に文字を組み合わせて、もとの漢字とは別の意味を表す文字となった漢字です。例えば、「休」は「人」と「木」によって構成され、人が木に寄りかかって休むことから「やすむ」の意味を表す字として作られたとされる。

“間”の画数

12画

“間”の画数は12画で同じ画数の文字には、
等があります。

“間”の部首

門:もんがまえ・かどがまえ

アンケート

“間”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“間”のつく名前

“間”がつく名字

“間”の字がつく苗字には 羽佐間木治間三間屋安座間間納指間笹ノ間牧間間渕向井間 等があります。

“間”がつく名前

“間”の字がつく名前には 間乃野間 等があります。

ページの先頭へ