‘須’の由来や起源

“須”の読み方

普通の読み方

音読み:しゅ す
訓読み:ひげ もとめる もちいる

名前として使われる読み方

まつ、もち、もとむ

“須”の由来や意味

まつ。もちいる。必要とする。
もと、あごひげの垂れた老人を描いた象形文字。のち「彡(ひげ)+頁(あたま)」で、しっとりとしたひげのこと。柔らかくしめって、きびきびと動かぬ意から、しぶる、じっとたってまつの意となり、他者を頼りにして期待する、必要としてまちうけるなどの意となった。需も同じ経過をたどって必需の意となり、須と通用する。

文字の種類

会意文字

“須”は会意文字という種類の文字です。 会意文字とは、象形文字や指事文字などの既に文字を組み合わせて、もとの漢字とは別の意味を表す文字となった漢字です。例えば、「休」は「人」と「木」によって構成され、人が木に寄りかかって休むことから「やすむ」の意味を表す字として作られたとされる。

“須”の画数

12画

“須”の画数は12画で同じ画数の文字には、
等があります。

“須”の部首

頁:おおがい・いちのかい

アンケート

“須”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“須”のつく名前

“須”がつく名字

“須”の字がつく苗字には 国須須羽須恵須田山久須窪城須須道須野崎須广田分須 等があります。

“須”がつく名前

“須”の字がつく名前には 呼須香耶須子真須美須三栄須磨子香須梨須弥子須美枝須弥世満須彦 等があります。

ページの先頭へ