‘駿’の由来や起源

“駿”の読み方

普通の読み方

音読み:しゅん
訓読み:すぐれる おおきい ながい

名前として使われる読み方

たかし、とし、はやお、はやし

“駿”の由来や意味

静岡県にある「駿河湾(するがわん)」の「駿」。「優れている様子」を表す「夋」と「馬」を組み合わせて「優れた馬」のことを指す。良馬。足が速い馬。はやい。すぐれる。すぐれた人物。
右側の字(音シュン)は「允+夂」の会意文字で、すらりとした人をあらわす。駿はそれを音符とし、馬をそえた字で、すらりと背の高い、という意味を含む。

文字の種類

会意兼形声文字

“駿”は会意兼形声文字という種類の文字です。 会意兼形声文字とは、二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた会意文字と、音を表す字と意味を表す字を合わせて形声文字の特徴を併せ持つもの。

“駿”の画数

17画

“駿”の画数は17画で同じ画数の文字には、
等があります。

アンケート

“駿”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“駿”のつく名前

“駿”がつく名字

“駿”の字がつく苗字には 駿高駿同駿東駿藤駿田駿見駿谷駿ケ崎新駿河駿川 等があります。

“駿”がつく名前

“駿”の字がつく名前には 典駿駿斗駿馬駿太朗直駿駿正幸駿駿伍駿龍秀駿 等があります。

ページの先頭へ