与三 由来

このページでは与三姓の由来について記載しています。その名前を冠する発祥の地や人口の多い地域、使われている漢字といった様々な観点でルーツを検証しています。掲載されていない内容でも様座な由来や逸話があると思いますので与三姓の由来・ルーツについてご存知の方のご意見を募集、掲載しております。

名字の由来

与三さんの由来をこちらで募集中です!!

与三さんの由来・ルーツ、逸話などをご存知の方教えてください。よろしくお願いいたします。

文字の意味から由来を探る

‘与’の由来

種類:会意兼形声文字
意味:あたえる。授ける。 くみする。味方する。同意する。 あずかる。かかわりを持つ。 ともに。一緒に。
由来:与は牙ガの原字と同形で、かみあった姿を示す。與はさらに四本の手をそえて、二人が両手でいっしょに物を持ちあげるさまを示す。「二人の両手+音符与」で、かみあわす、力をあわせるなどの意を含む。

‘三’の由来

種類:指事文字
意味:み。みつ。みっつ。
由来:三本の横線で三を示す。また、参加の参サンと通じて、いくつもまじること。また、杉サン・衫サンなどの音符彡サンの原形で、いくつも並んで紋様を成すの意味を含む。日本では、奈良時代にはサムと音訳し、三位サムミ・三線サムセンといった。三郎サブロウのサブはその転音である。証文や契約書では、改竄カイザンや誤解をさけるため、参と書くことがある。

地名から由来を探る

「与三」を含む地名を都道府県ごとに表示しています。

※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは与三姓の方は全国に殆どいらっしゃらないようで、日本で97668番目に多い名字のようです。 上位の都道府県にこの苗字の地名はみあたらないため、地名から来た名字ではない可能性が高いです。
順位 都道府県 世帯数

全国分布詳細はこちらからご覧いただけます

みんなが知ってる与三さんはこんな人

由来や発祥とは関係ありませんが、本サイトの与三姓のページで皆さんからいただいたご意見を集計した内容を表示しています。
まだ評価されていません。

「与三」さんについて教えてください!

苗字の由来

「与三」さんの由来やルーツ、発祥の地に関すること、一族の伝承や秘話等、この苗字に関するさまざまな逸話を教えてください。
削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。

与三姓の読み方や、ローマ字表記、名字としての分析や運勢など、もっと詳しい情報を知りたい方はこちら。


どんな人か教えて!!

あなたがご存知の「与三」さんはどちらかというと頭を駆使する知力派、はたまた肉体勝負の体力派、それとも個性豊かな芸術派?

知力派

体力派

芸術派


いい人ですか?そしてカッコいいまたはキレイな人ですか?

投票結果はこちら

こんな名前で呼ばれてます/呼んでます

自分はこんな呼称で呼ばれてます、または与三さんへ皆さんが親しみをもって呼ぶときの愛称やニックネームを教えてください。好意的なものであればあだ名でも構いません。
※ひらがなでお願いします。一回に複数の呼称を入れないようにお願いします。
かな


こんな名前に間違えられました

よく間違えて呼ばれる、誤って覚えられてしまう、宛先でよく間違えられる名前があれば教えて是非ください。結果は近日このページまたは特設ページにて公開させていただきます。
読み間違えはひらがな、書き間違えは漢字でひとつずつお願いします。
≪読み間違え≫※ひらがなで一つずつお願いします
かな

≪書き間違え≫※漢字で一つずつお願いします
漢字

ページの先頭へ