堂ノ 由来

このページでは堂ノ姓の由来について記載しています。その名前を冠する発祥の地や人口の多い地域、使われている漢字といった様々な観点でルーツを検証しています。掲載されていない内容でも様座な由来や逸話があると思いますので堂ノ姓の由来・ルーツについてご存知の方のご意見を募集、掲載しております。

名字の由来

堂ノさんの由来をこちらで募集中です!!

堂ノさんの由来・ルーツ、逸話などをご存知の方教えてください。よろしくお願いいたします。

文字の意味から由来を探る

「堂」の意味
たかどの。大きい建物。
「ノ」の意味

地名から由来を探る

「堂ノ」を含む地名は全国に多数存在するため一部のみ表示しています。

京都府

京都市北区鷹峯堂ノ庭町(たかがみねどうのにわちょう)[京都市北区]京都市左京区一乗寺堂ノ前町(いちじょうじどうのまえちょう)[京都市左京区]京都市左京区北白川堂ノ前町(きたしらかわどうのまえちょう)[京都市左京区]京都市左京区松ケ崎堂ノ上町(まつがさきどうのうえちょう)[京都市左京区]京都市下京区朱雀堂ノ口町(すじゃくどうのくちちょう)[京都市下京区]京都市南区唐橋堂ノ前町(からはしどうのまえちょう)[京都市南区]京都市南区吉祥院石原堂ノ後町(きっしょういんいしはらどうのうしろちょう)[京都市南区]京都市南区吉祥院石原堂ノ後西町(きっしょういんいしはらどうのうしろにしまち)[京都市南区]京都市南区吉祥院嶋堂ノ裏(きっしょういんしまどうのうら)[京都市南区]京都市右京区嵯峨小倉山堂ノ前町(さがおぐらやまどうのまえちょう)[京都市右京区]京都市右京区嵯峨大覚寺門前堂ノ前町(さがだいかくじもんぜんどうのまえちょう)[京都市右京区]京都市山科区安朱堂ノ後町(あんしゅどうのうしろちょう)[京都市山科区]京都市山科区四ノ宮堂ノ後町(しのみやどうのごちょう)[京都市山科区]京都市山科区竹鼻堂ノ前町(たけはなどうのまえちょう)[京都市山科区]
※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは堂ノ姓の方は全国に数~10世帯ほどいるようで、日本で94008番目に多い名字のようです。 最も多く住んでいらっしゃる都道府県は新潟県のようです。堂ノ姓の方は上位3位までの都道府県における地名には見られないため、地名ではない由来があると思われます。
順位 都道府県 世帯数
新潟県0~10前後

全国分布詳細はこちらからご覧いただけます

みんなが知ってる堂ノさんはこんな人

由来や発祥とは関係ありませんが、本サイトの堂ノ姓のページで皆さんからいただいたご意見を集計した内容を表示しています。
まだ評価されていません。

「堂ノ」さんについて教えてください!

苗字の由来

「堂ノ」さんの由来やルーツ、発祥の地に関すること、一族の伝承や秘話等、この苗字に関するさまざまな逸話を教えてください。
削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。

堂ノ姓の読み方や、ローマ字表記、名字としての分析や運勢など、もっと詳しい情報を知りたい方はこちら。

ページの先頭へ