木挽庵 由来

木挽庵姓のルーツ・由来のページです。"木挽庵"を冠する発祥の地や同姓の多い地域、使われている漢字、成り立ちや出自といった様々な観点でルーツを検証しています。また皆様よりよせられた姓の由来、逸話等を掲載しております。掲載されていないルーツや逸話をご存知の方は是非情報提供をお願いいたします。

名字の由来

木挽庵さんの由来をこちらで募集中です!!

木挽庵さんの由来・ルーツ、逸話などをご存知の方教えてください。よろしくお願いいたします。

文字の意味から由来を探る

‘木’の由来

種類:象形文字
意味:き。
由来:立ち木の形を描いたもの。上に葉や花をかぶった木。

‘挽’の由来

種類:会意兼形声文字
意味:ひく。ひっぱる。のこぎりで切る。細かくする。
由来:免は、無理をして赤子を生むさまを描いた象形文字。娩ベンの原字。挽は「手+音符免」で、無理をしてやっとひっぱること。免

‘庵’の由来

種類:会意兼形声文字
意味:漢字一字の「イオリ」。「おおいかぶさる」の意味をもつ「奄」と「家の屋根」を表す「广」を組み合わせた漢字。「(草で)屋根をおおった家」を表現している。いおり。草葺の小さな家。僧侶や尼僧が仏をまつる小さな家。
由来:奄エンは、申シン(伸びる)の中心線を曲げ、大の字をかぶせた字で、上がおおわれて下の物が伸びられない姿を示す会意文字。掩エン(おおう)の原字。庵は「广(いえ)+音符奄」で、上から屋根をかぶせた小さい家。菴アンとも書く。
※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは木挽庵姓の方は全国に殆どいらっしゃらないようで、日本で100398番目に多い名字のようです。 上位の都道府県にこの苗字の地名はみあたらないため、地名が由来というわけではないと思われます。
順位 都道府県 世帯数

全国分布詳細はこちらからご覧いただけます

木挽庵姓の成り立ち

地名

地形

職業

事物

拝領

合略

明治

派生

外来

木挽庵姓の出自

武家

公家

庶民

アイヌ

蝦夷

琉球

台湾

中国

朝鮮

その他

みんなが知ってる木挽庵さんはこんな人

由来や発祥とは関係ありませんが、本サイトの木挽庵姓のページで皆さんからいただいたご意見を集計した内容を表示しています。
まだ評価されていません。

「木挽庵」さんについて教えてください!

苗字の由来

「木挽庵」さんの由来やルーツ、発祥の地に関すること、一族の伝承や秘話等、この苗字に関するさまざまな逸話を教えてください。
削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。

木挽庵姓の読み方や、ローマ字表記、名字としての分析や運勢など、もっと詳しい情報を知りたい方はこちら。


どんな人か教えて!!

あなたがご存知の「木挽庵」さんはどちらかというと頭を駆使する知力派、はたまた肉体勝負の体力派、それとも個性豊かな芸術派?

知力派

体力派

芸術派


いい人ですか?そしてカッコいいまたはキレイな人ですか?

投票結果はこちら

こんな名前で呼ばれてます/呼んでます

自分はこんな呼称で呼ばれてます、または木挽庵さんへ皆さんが親しみをもって呼ぶときの愛称やニックネームを教えてください。好意的なものであればあだ名でも構いません。
※ひらがなでお願いします。一回に複数の呼称を入れないようにお願いします。
かな


こんな名前に間違えられました

よく間違えて呼ばれる、誤って覚えられてしまう、宛先でよく間違えられる名前があれば教えて是非ください。結果は近日このページまたは特設ページにて公開させていただきます。
読み間違えはひらがな、書き間違えは漢字でひとつずつお願いします。
≪読み間違え≫※ひらがなで一つずつお願いします
かな

≪書き間違え≫※漢字で一つずつお願いします
漢字

ページの先頭へ