苗字 伊佐の由来

このページは伊佐姓の由来のページを掲載しています。人口の多い地域、使われている字の意味、さらに"伊佐"を冠する発祥の地成り立ちや出自といった様々な観点でルーツを検証しています。また皆様よりよせられた名字のルーツや逸話等を掲載しております。掲載されていない由来や逸話をご存知の方はぜひ情報提供をお願いいたします。

名字の由来

【皆さんからいただいたコメント】

  • 伊佐です。 関東の「伊佐」と九州・沖縄の「伊佐」は別系統だと言われてます。 関東の伊佐は伊達家の始祖、藤原朝宗からの血を引いており、南北朝時代に伊佐城(現茨城けん筑西市)が落城した後、現在の新潟の小千谷/長岡に没落した人達の子孫だと言われており 九州・沖縄の「伊佐」は刀伊の入寇で活躍して後に肥前伊佐氏となった系統。 ちなみに、自分は関東の方です。
  • 本当かどうかわかりませんが、うちの父方が沖縄出身の伊佐で、首里城に仕えた宗の子孫であり、その子孫は男児の名前に真という字をつけらければならないと。 父は真一、祖父は真之助です。
  • 名古屋でご一緒だった伊佐さん(我が家は夫が沖縄宜野湾市伊佐の出身)は伊達政宗の子孫で、伊達家が別れるときにこの名字が子孫の目印となるようにと伊佐と付けたとおっしゃっていました。
  • 高知県足摺岬では、伊佐漁港が、昔からありますよ!鯨が、取れたから其の地名が、いいています!

伊佐さんの由来をこちらで募集中です!!

伊佐さんの由来・ルーツ、逸話などをご存知の方教えてください。よろしくお願いいたします。

文字の意味から由来を探る

‘伊’の由来

種類:会意兼形声文字
意味:伊豆の伊。「尹」は「丨」と「又」を組み合わせた漢字で「右手で杖を持っている」様子を表現している。これに人を表す「亻(にんべん)」を合わせて「杖を使って神様を呼び寄せる聖職者」を指すように。転じて「人を導く」意味もある。これ。この。 かれ。かの。 イタリア(伊太利)のこと。
由来:尹インは、手で|印を持ったさまをあらわす会意文字で、天地の間を調和するさまを示す。伊は「人+音符尹イン」で、万事を調和する人物を示す。

‘佐’の由来

種類:会意兼形声文字
意味:たすける。手助けする。すけ。軍隊の階級。将官の下に位置する階級。
由来:左は「手+工」の会意文字。工作のさい右手にそえてささえるので工印を加えた。右は物をかかえてかばう働きをするみぎ手のこと。のち、左は、ひだり、右はみぎという単純な意味に專用されるようになったので、佐と佑の字で、その動作を示すようになった。佐は「人+音符左サ」。

地名から由来を探る

「伊佐」を含む地名は全国に多数存在するため一部のみ表示しています。

※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは伊佐姓の方は全国に9800世帯ほどいるようで、日本で1650番目に多い名字のようです。 最も多く住んでいらっしゃる都道府県は沖縄県のようです。その後東京都、新潟県にいらっしゃる方が多くなっているようです。最も多い沖縄県と2番目の東京都の差は倍以上あるため、もしかすると沖縄県がこの苗字発祥の地といえるかもしれません。伊佐姓の方は上位3位までの都道府県における地名には見られないため、地名が由来というわけではないと思われます。
順位 都道府県 世帯数
沖縄県約5300
東京都約1100
新潟県約480
大阪府約460
京都府約380
神奈川県約370
福岡県約330
千葉県約300
埼玉県約250
兵庫県約150

全国分布詳細はこちらからご覧いただけます

伊佐姓の成り立ち

地名

地形

職業

事物

拝領

合略

明治

派生

外来

伊佐は地名から由来した苗字です。地名由来の苗字は名字成り立ちとして圧倒手に多いといわれています。例えば武士や貴族、本拠地がある場所や住んでいる場所、または支配地域の地名からちなんだ苗字を名乗ったり、出身地から苗字を取ったりしました。また領主からのから拝領されたことが由来由来のケースもあると考えられます。帰化した苗字には非漢字圏であれば当て字によるものが多く、他には好きな名字を意味や音から新しく作るもの、憧れの人物の名字を名乗る人もいます。帰化後につることができる苗字にはルールがあり常用漢字表に掲げる漢字、別表第二(人名用漢字)に掲げる漢字、片仮名又は平仮名(変体仮名を除く。)の3つの条件を満たすものとなっています。したがってアルファベットやローマ数字、算用数字や記号も使えません。

伊佐姓の出自

武家

公家

庶民

アイヌ

蝦夷

琉球

台湾

中国

朝鮮

その他

武士や公家の出自という確認がとれないため、おそらく庶民の出であると考えられます。琉球王国を起源とした名字という説もあります。といっても出自にもいくつかのケースがあり確かなものはその家に伝わる伝承でしか確認することは難しいでしょう。

氏神の由来を探す

伊佐沢神社
山形県長井市上伊佐沢2986−2
伊佐爾波神社
愛媛県松山市桜谷町173番
伊佐具神社
兵庫県尼崎市上坂部3丁目25−18
伊佐須美神社
福島県大沼郡会津美里町米田字村西乙1420番
伊佐澤神社
山形県長井市上伊佐沢字金地ヶ原2986番ノ2
伊佐和神社
三重県松阪市射和町1073番
伊佐須美神社
福島県大沼郡会津美里町字宮林甲4377
伊佐間神社
兵庫県姫路市飾東町豊国字居垣内370番

みんなが知ってる伊佐さんはこんな人

由来や発祥とは関係ありませんが、本サイトの伊佐姓のページで皆さんからいただいたご意見を集計した内容を表示しています。 本サイトのアンケートではいい人の割合が多く比較的素敵な男性と、美しい女性が多いようです。

「伊佐」さんについて教えてください!

苗字の由来

「伊佐」さんの由来やルーツ、発祥の地に関すること、一族の伝承や秘話等、この苗字に関するさまざまな逸話を教えてください。
削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。

伊佐姓の読み方や、ローマ字表記、名字としての分析や運勢など、もっと詳しい情報を知りたい方はこちら。

どんな人か教えて!!

あなたがご存知の「伊佐」さんはどちらかというと頭を駆使する知力派、はたまた肉体勝負の体力派、それとも個性豊かな芸術派?

知力派

ありがとうございました。

送信に失敗しました。


体力派

ありがとうございました。

送信に失敗しました。


芸術派

ありがとうございました。

送信に失敗しました。



こんな名前で呼ばれてます/呼んでます

自分はこんな呼称で呼ばれてます、または伊佐さんへ皆さんが親しみをもって呼ぶときの愛称やニックネームを教えてください。好意的なものであればあだ名でも構いません。
※ひらがなでお願いします。一回に複数の呼称を入れないようにお願いします。
かな

入力してください。

ひらがなで入力してください。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。



こんな名前に間違えられました

よく間違えて呼ばれる、誤って覚えられてしまう、宛先でよく間違えられる名前があれば教えて是非ください。結果は近日このページまたは特設ページにて公開させていただきます。
読み間違えはひらがな、書き間違えは漢字でひとつずつお願いします。
≪読み間違え≫※ひらがなで一つずつお願いします
かな

入力してください。

ひらがなで入力してください。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。


≪書き間違え≫※漢字で一つずつお願いします
漢字

入力してください。

英数字以外の全角で入力してください。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

>