苗字 佐藤の由来

佐藤姓のルーツ・由来のページです。"佐藤"を冠する発祥の地や同姓の多い地域、使われている漢字、成り立ちや出自といった様々な観点でルーツを検証しています。また皆様よりよせられた名字のルーツや逸話等を掲載しております。掲載されていないルーツや逸話をご存知の方は是非情報提供をお願いいたします。

名字の由来

【皆さんからいただいたコメント】

  • 中世の官位「佐渡守」の役職に就いた藤原さんが佐藤を名乗ったというルーツもある。
  • 佐藤も、日本の皇室と同じく国民から敬われ、日本は素晴らしいと言われるまでの国にした一族です。
  • 名字研究家の森岡浩によると、藤という字を「とう」と読む名字は基本的に藤原一族の子孫で、平安時代に藤原一族が左衛門尉という役職に就いたことから「左藤」と名乗ったのが始まりだという。平安時代に都に君臨していた藤原家。その流れをくむ藤原家系の一族として「佐藤」は誕生した。一族たちは中央政府の要職に就くために激しく競い合っていた。そのポスト争いに敗れ、都では埋もれた存在となってしまった「佐藤」は東北の地方官僚として生きる道を選択。すると、「佐藤」は東北で中央政府にパイプを持つ名家として大きな影響力を持つようになった。森岡浩によると、佐藤一族は藤原全体から見ると分家の分家の分家ぐらいで、本家の方が早く出世するため、地方官僚になればいきなりトップに近いところに立てたのだという。佐藤の全国分布図を見てみると、今も東北5県が1位であることがわかった。一方、徳島と大分も1位だったことについて森岡は、「徳島県は田口一族がいたんですけど、源平合戦で平家の味方をして負けて領地を取られてしまう。その空いた領地に佐藤一族が入ったんです。大分県も緒方一族がいて、源平合戦では源氏についたんですけど、その後に義経側についちゃうんです。同じように領地を取られて、そこに東日本からドッと(佐藤一族が)入ってきた」と解説した。
  • 戦後に鹿児島県奄美地方での一字姓「里」が改姓され、佐藤になった。音読みで「リ」とも読めることから、子孫が朝鮮人と間違われないようにとのこと。
  • 藤原家が栄えたころ、朝廷の官職では最も位の高い地位に次ぐ2番目の役割を「佐」と言った。この「佐」を代々努めていた藤原氏が「佐藤」と名乗ったというのが由来の一つらしい。
  • 当時の武士にとってはあこがれの的でもあった宮殿を護衛する総責任者である左衛門尉(さえもんのじょう)であった藤原氏が佐藤と言われるようになった。
  • 平安時代頃の藤原秀郷という人の子孫に「左衛門尉」と呼ばれていた藤原公清という人がいてその人がルーツという説もある。左衛門尉の「左」と「藤」から佐藤という名字になった。
  • 藤原氏
  • 「藤」原家を補「佐」するから「佐藤」という苗字になったのでは
  • 大都市を抱える都道府県を除けば、東北地方(宮城県、福島県、秋田県、山形県など)に佐藤姓は多くなっている。その理由は、藤原秀郷の系統からでた公輔の子師清が出羽守の任期後に岩代国信夫郡佐場野邑に在住、さらに曾孫にあたる師信は保延六年(1140)信夫庄司となり、子孫が奥羽地方に繁栄したため。ちなみにその子孫にあたる佐藤継信、忠信兄弟が源義経に仕えて活躍したことは有名。
  • 元来、日本列島には縄文人(倭人・毛人)が居住していたが、佐藤を始め、渡来貴族達に祖弥生時代以降から徐々に阻害されていったとされる。(現在の日本政府ではアイヌ・琉球民族などを日本の先住民族としている。) 揚子江流域から朝鮮半島などを経由して伝わった稲(水稲)作に始まり、後には漢字、仏教や寺院建築技術などを日本に持ち込み、古代日本における文化・政権形成に大きな役割を演じたと考えられている。 日本から主に朝鮮半島に移住した倭人(倭族・大和民族)であっても、日本に亡命・帰還した際は渡来人と呼称されている。 また飛鳥時代には百済の滅亡により亡命貴族が日本を頼って渡来した。中でも最後の百済王義慈王の王子の禅広は、持統天皇より百済王(くだらのこにきし)の氏姓を賜り、百済系氏族の代表的な存在となった。
  • 藤原一族の末裔で有る。
  • 佐藤がここまで広まった理由は戦国大名に「佐藤」姓は無く、武将でも相馬氏や美濃斎藤氏の家臣として活躍した人が僅かにいる程度。当時主君と同じ名字を名乗ることは一族を除いて許されえていなかったため、他の名字に比べ名乗りやすく、広まり易かったと言える。
  • 「どういうこと」 「佐藤さんという名字は〈ゆかり〉と〈あやかり〉で増えた名字だからね。血のつながりはなくても、精神的にはつながっているのだよ」 「そのゆかりとかってなに?」 「ゆかりとは、有名な豪族にゆかりがあるというようなことだ。あやかりとは、英雄豪傑にあこがれる気持ちだよ。佐藤さんはね、奥州藤原氏にゆかりのある家が、佐藤兄弟にあやかって名乗った名字なんだ」 「奥州藤原氏って、世界遺産になった金色堂を建てた豪族だろう」 「そう。平安後期の奥州(東北)を支配していた名族だよ。海外とも貿易をし、莫大な財宝を持っていた。当然ながら奥州に住んでいた武士たちはみんなこの藤原氏に従っていた。ところが文治五年(一一八九)鎌倉幕府を開いた源頼朝によって奥州藤原氏は滅ぼされてしまったんだ。このとき散り散りになった家臣たちは、のちに佐藤と名乗るようになるんだ」 「どうして佐藤と名乗ったの?」 「それは佐藤という名字が奥州藤原氏の家臣の代名詞だったからさ。そこには源義経に仕えた佐藤兄弟が深く関係している。奥州に来た義経は当主藤原秀衡の勧めで佐藤兄弟を家臣にした。この兄弟はよく尽くし、兄の継信は義経の身代わりなって討死したといい、弟の忠信は京で自害した。義経は東北では最大のヒーローだが、その四天王に数えられた佐藤兄弟も大人気だった。軍記本で読まれ、芝居で演じられ、東北人にとって佐藤兄弟は義経以上に親しみを感じる存在だったわけだ」 「その佐藤兄弟にあやかったのね」 「その通り。佐藤さんのご先祖は佐藤という名字を名乗ることによって、東北人の誇りである奥州藤原氏や源義経と精神的につながることができたんだ。それが東北で佐藤さんが爆発的に増えた理由だろう」 「奥州藤原氏は滅び、義経は悲劇的な死をとげたけど、その魂は佐藤さんに受け継がれていったのね。佐藤さんってたくさんいるからありふれた名字だと思っている人が多いかも知れないけど、こんな話を聞いたら歴史ロマンを感じちゃうわね」 「佐藤さんが奥州藤原氏や源義経とつながっていることは、家紋にもあらわれているよ」 「どんな家紋を使っているの?」 「まずは下り藤をよく使う
  • 日本の頂点に位置する天皇家に最も近い五摂家をルーツとする最高支配層の家格。由緒ある家柄です。

佐藤さんの由来をこちらで募集中です!!

佐藤さんの由来・ルーツ、逸話などをご存知の方教えてください。よろしくお願いいたします。

文字の意味から由来を探る

‘佐’の由来

種類:会意兼形声文字
意味:たすける。手助けする。すけ。軍隊の階級。将官の下に位置する階級。
由来:左は「手+工」の会意文字。工作のさい右手にそえてささえるので工印を加えた。右は物をかかえてかばう働きをするみぎ手のこと。のち、左は、ひだり、右はみぎという単純な意味に專用されるようになったので、佐と佑の字で、その動作を示すようになった。佐は「人+音符左サ」。

‘藤’の由来

種類:会意兼形声文字
意味:ふじ。マメ科フジ属のつる性落葉低木。
由来:「艸+音符滕トウ(のぼる、よじれてのぼる)」。

地名から由来を探る

「佐藤」を含む地名を都道府県ごとに表示しています。

※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは佐藤姓の方は全国に1891000世帯ほどいるようで、日本で1番目に多い名字のようです。 最も多く住んでいらっしゃる都道府県は東京都のようです。その後神奈川県、宮城県にいらっしゃる方が多くなっているようです。上位の都道府県にこの苗字の地名はみあたらないため、地名が由来というわけではないと思われます。
順位 都道府県 世帯数
東京都約214500
神奈川県約165400
宮城県約162400
北海道約160400
福島県約109300
埼玉県約105300
千葉県約88700
山形県約82100
秋田県約81000
新潟県約75700

全国分布詳細はこちらからご覧いただけます

佐藤姓の成り立ち

地名

地形

職業

事物

拝領

合略

明治

派生

外来

佐藤姓の由来は地名と思われます。地名由来の姓は名字成り立ちとして圧倒手に多いといわれています。例えば貴族や武士であれば、本拠地がある場所や住んでいる場所、または支配地域の地名から因んだ姓を名乗ったり、出身地から姓を取ったりしました。または帰化による外国名が由来の姓です由来。帰化した姓には当て字によるものが多く、他には好きな名字を意味や音から新しく作るもの、憧れの人物の名字を名乗る人もいます。帰化後につることができる姓にはルールがあり常用漢字表に掲げる漢字、別表第二(人名用漢字)に掲げる漢字、片仮名又は平仮名(変体仮名を除く。)の3つの条件を満たすものとなっています。つまりアルファベットやローマ数字、算用数字や記号も使うことが出来ません。

佐藤姓の出自

武家

公家

庶民

アイヌ

蝦夷

琉球

台湾

中国

朝鮮

その他

出自の一説としては戦国時代を生き抜いた由緒正しき武家の出であるです。朝鮮を起源とした名字という説もあります。といっても出自にもいくつかの説があり確かなものはその家に伝わる伝承でしか確認することは難しいでしょう。

氏神の由来を探す

みんなが知ってる佐藤さんはこんな人

由来や発祥とは関係ありませんが、本サイトの佐藤姓のページで皆さんからいただいたご意見を集計した内容を表示しています。 本サイトのアンケートでは知力派の方が多いようです。またいい人の割合が多く佐藤姓の方は女性も男性も容姿端麗な方が多くなっています。

「佐藤」さんについて教えてください!

苗字の由来

「佐藤」さんの由来やルーツ、発祥の地に関すること、一族の伝承や秘話等、この苗字に関するさまざまな逸話を教えてください。
削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。

佐藤姓の読み方や、ローマ字表記、名字としての分析や運勢など、もっと詳しい情報を知りたい方はこちら。

どんな人か教えて!!

あなたがご存知の「佐藤」さんはどちらかというと頭を駆使する知力派、はたまた肉体勝負の体力派、それとも個性豊かな芸術派?

知力派

ありがとうございました。

送信に失敗しました。


体力派

ありがとうございました。

送信に失敗しました。


芸術派

ありがとうございました。

送信に失敗しました。



こんな名前で呼ばれてます/呼んでます

自分はこんな呼称で呼ばれてます、または佐藤さんへ皆さんが親しみをもって呼ぶときの愛称やニックネームを教えてください。好意的なものであればあだ名でも構いません。
※ひらがなでお願いします。一回に複数の呼称を入れないようにお願いします。
かな

入力してください。

ひらがなで入力してください。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。



こんな名前に間違えられました

よく間違えて呼ばれる、誤って覚えられてしまう、宛先でよく間違えられる名前があれば教えて是非ください。結果は近日このページまたは特設ページにて公開させていただきます。
読み間違えはひらがな、書き間違えは漢字でひとつずつお願いします。
≪読み間違え≫※ひらがなで一つずつお願いします
かな

入力してください。

ひらがなで入力してください。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。


≪書き間違え≫※漢字で一つずつお願いします
漢字

入力してください。

英数字以外の全角で入力してください。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

>