苗字 甲斐の由来

甲斐姓の由来のページです。"甲斐"を冠する発祥の地や同姓の多い地域、使われている漢字、成り立ちや出自といった様々な観点で由来や起源を検証しています。また皆様よりよせられた姓のルーツや逸話等を掲載しております。未掲載の由来や逸話をご存知の方はぜひ情報提供をお願いいたします。

名字の由来

【皆さんからいただいたコメント】

  • 武田信玄公が、戦でとても優秀だった大分の大名に報酬として、自分の国の名前甲斐を付けた
  • ガールズちゃんねる 芽兎めう おにいさん^^ シークレットトーク 門 デラコ シクトク カイカイ K-POPファン キム キム ガルちゃん ガールズスレッド ガールズちゃんねる レンス ボーイズちゃんねる キャサリン カルディ カイカイちゃんねる マター キャロ 陰謀論主 カイカイちゃんねる 陰謀論トーク主 ナタキン ガルスレ ぼいちゃん キャサ レレレ 消されなVoice GT 市木由み華 消されな ガールズマター 桑田成海 キャサ
  • 私は九州大分在住の甲斐と申します。 自分は山梨の武家出身の市瀬だと語る方から聞いたのですが、菊池武本が家督争いに負けた際、菊池武本の一族が山梨に身を寄せ、お家の名誉回復を時の鎌倉政権に認められた後、【甲斐一族は全員!】九州に帰ったと、【】の部分を強調しておっしゃっていました。私の先祖は江戸時代には肥後領内にて庄屋の身分であり、度々参勤交代に赴く細川家肥後藩主が泊まりに来ていたとの事です。
  • 私の母方の祖父のお母さんの家系が甲斐さんで西郷さんと仲がよがったと聞いています。西南戦争で亡くなっていて当時10代で兄弟で西郷さんを慕っていたと聞いています
  • (2)甲斐氏の出自  甲斐氏の歴史は古く鎌倉時代中期の蒙古襲来(1274年及び1281年の二回)のおり、これを迎え討って功名を挙げたのが肥後(熊本)の菊地武房で、その子「武本」は菊池家の家督争に敗れ自害し、武本の子「武村」は後難を恐れて甲斐の国都留郡(山梨県)に逃れこの地に住みつき、その子「重村」の時代に鎌倉幕府が滅亡しました。  その後の戦乱の時に重村は足利尊氏に仕えて勢力を強め、足利尊氏の命により兵を率いて九州に下り、そのとき古地甲斐の国にちなんで甲斐姓を名乗ったのが甲斐氏の始まりといわれています。  九州に下った重村は同族である菊地武重との合戦に破れ、日向(延岡)の土持氏を頼りこの地に移り住み、その後日向の地で繁栄した甲斐一族は高千穂の三田井氏に客分として迎えられ、三田井氏は各村(七つ山、三ケ所、向山,岩井川、七折等)を甲斐氏に開拓させたと伝えられています。 (出展)西川功著「高千穂太平記」から
  • 私の曾祖父が甲斐という苗字なので、少しだけ曾祖母に聞いた話です。甲斐という苗字は元寇の時に鎌倉から九州の博多へ行けと命令され、九州に行きました。そこで初めの文永の役の際に苦戦し、次の弘安の役でどうするかで話しあったらしいです。その話は敵の槍は長くどうすれば勝てるのかで、長ければ勝てるので槍を竹にして、大量に竹の槍をつくり、応戦したらしいです。これの槍は菊池千本槍に関係があると話していました。 結果、この功績などにより鎌倉幕府から城を与えられたらしいです。その城は今の熊本の菊池ら辺にあると聞いています。 私の曾祖父の墓の碑には江戸時代から続いていました。ちなみにですが家督はありましたが、時代が変わっていったので最終的には亡くなりました。 熊本の細川家の家臣だったらしく、葬式の名簿には細川護熙など細川家の方の名前がありました。細川護熙と曾祖父は仲が良いと聞いています。
  • 甲斐家は、平家の末裔であり。その発端は現天皇家の創始と存じます。平家討伐の罪にあたり、椎葉村から宮崎県延岡のちに隠里を脱し、平家姫の亡骸を椎葉村に安置施設(行縢山)その役目を終わり、現在も源氏一族とも因縁を保留しております。

甲斐さんの由来をこちらで募集中です!!

甲斐さんの由来・ルーツ、逸話などをご存知の方教えてください。よろしくお願いいたします。

文字の意味から由来を探る

‘甲’の由来

種類:象形文字
意味:きのえ。十干の第一番目。 よろい。 かぶと。 外部を覆うかたいもの。
由来:もと、うろこを描いた象形文字。のち、たねをとり巻いたかたいからを描いた象形文字。かぶせる意を含む。促音語尾のpがtに転じたばあいはカッと読む。

‘斐’の由来

種類:会意兼形声文字
意味:あや。あや模様が美しい。
由来:非ヒは、羽が左右の両側にそむいたさまを描いた象形文字。斐は「文(もよう)+音符非」で、左と右と対称するもよう。非

地名から由来を探る

「甲斐」を含む地名を都道府県ごとに表示しています。

※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは甲斐姓の方は全国に66500世帯ほどいるようで、日本で322番目に多い名字のようです。 最も多く住んでいらっしゃる都道府県は宮崎県のようです。その後大分県、熊本県にいらっしゃる方が多くなっているようです。最も多い宮崎県と2番目の大分県の差は倍以上あるため、もしかすると宮崎県がこの苗字発祥の地といえるかもしれません。都道府県別在住数1位の宮崎県には甲斐元町などの地名があるようです。
順位 都道府県 世帯数
宮崎県約22500
大分県約8200
熊本県約6000
福岡県約4800
大阪府約3900
東京都約3500
神奈川県約2600
愛知県約2300
広島県約1900
兵庫県約1700

全国分布詳細はこちらからご覧いただけます

甲斐姓の成り立ち

地名

地形

職業

事物

拝領

合略

明治

派生

外来

甲斐姓は地名由来の苗字です。地名由来の苗字は名字成り立ちとして圧倒手に多いものです。例えば武士や貴族、支配地域の地名、邸宅のある場所からちなんだ苗字を名乗ったり、出身地から苗字を取ったりしました。他にも領主からのから拝領されたことが由来から因んでいる場合もあると思われます。

甲斐姓の出自

武家

公家

庶民

アイヌ

蝦夷

琉球

台湾

中国

朝鮮

その他

武士や公家の出自という確認がとれないため、おそらく庶民の出であると考えられますが、確かなことわ分かりません。

氏神の由来を探す

甲斐奈神社
山梨県甲府市中央3丁目7−11
甲斐神社
奈良県大和郡山市田中町234番
甲斐奈神社
山梨県甲府市中央三丁目7番11号

みんなが知ってる甲斐さんはこんな人

由来や発祥とは関係ありませんが、本サイトの甲斐姓のページで皆さんからいただいたご意見を集計した内容を表示しています。 本サイトのアンケートではいい人の割合が多く甲斐姓の方は女性も男性も容姿端麗な方が多くなっています。

「甲斐」さんについて教えてください!

苗字の由来

「甲斐」さんの由来やルーツ、発祥の地に関すること、一族の伝承や秘話等、この苗字に関するさまざまな逸話を教えてください。
削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。

甲斐姓の読み方や、ローマ字表記、名字としての分析や運勢など、もっと詳しい情報を知りたい方はこちら。

どんな人か教えて!!

あなたがご存知の「甲斐」さんはどちらかというと頭を駆使する知力派、はたまた肉体勝負の体力派、それとも個性豊かな芸術派?

知力派

ありがとうございました。

送信に失敗しました。


体力派

ありがとうございました。

送信に失敗しました。


芸術派

ありがとうございました。

送信に失敗しました。



こんな名前で呼ばれてます/呼んでます

自分はこんな呼称で呼ばれてます、または甲斐さんへ皆さんが親しみをもって呼ぶときの愛称やニックネームを教えてください。好意的なものであればあだ名でも構いません。
※ひらがなでお願いします。一回に複数の呼称を入れないようにお願いします。
かな

入力してください。

ひらがなで入力してください。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。



こんな名前に間違えられました

よく間違えて呼ばれる、誤って覚えられてしまう、宛先でよく間違えられる名前があれば教えて是非ください。結果は近日このページまたは特設ページにて公開させていただきます。
読み間違えはひらがな、書き間違えは漢字でひとつずつお願いします。
≪読み間違え≫※ひらがなで一つずつお願いします
かな

入力してください。

ひらがなで入力してください。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。


≪書き間違え≫※漢字で一つずつお願いします
漢字

入力してください。

英数字以外の全角で入力してください。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

>