亜雄美 由来

名前は様々な思いを込めてつけられています。名付け親は悩みに悩んで、こんな人に育ってくれたら、こういう人になってほしいといった願いを名前に託すことが多いです。 あなたの名前に込められた想いを同名の方が教えてくれるかもしれません。自分が知らなかった名前の意味を発見できるかもしれません。そいった素敵な思いをみんなで共有しましょう。

この名前に込められた想い

名前の読み方における人気ランキングでは、この名前の「あゆみ」という読み方は2005年に名前の人気ランキング30位にランクインしています。にランクインしている人気のある読み方をする名前です。

亜雄美さんの由来について教えてください!!

文字の意味と込められた思い

画数
7
音読
ああつおう
訓読
つぐ
意味
「亜」は古くは「亞」と書き、建物の土台を表している。次。次位。準ずる。あいむこ(姉妹の夫どうし)。アジア。また。分岐点。どもる声。つぐ。準ずる。 アジアのこと。
名付けた理由
この字は意味が気に入って名付けた人が最も多いようです(41.7%)。字には複数の意味をもつものがあるため、これを機に調べてみてはいかがでしょうか。自分の知らない一面を見つけられるかもしれません。

画数
12
音読
ゆう
訓読
おす お
意味
英雄の雄。「厷」は肘を大きく張り広げる形を表す。これに「鳥」を表す「隹」を組み合わせ、「雄」は「鳥が翼を大きく張り広げる」様子を表現している。おす。お。いさましい。おおしい。まさる。ひいでる。
名付けた理由
この字は親や親戚から付けられた方が多いようです(35.7%)。昔はそれぞれの家々で代々受け継がれる字があったようで、このような字のことを「系字」や「通字」というようです。

画数
9
音読
びみ
訓読
うつくしい よい ほめる
意味
美人の美。「美しい」。「羊」と「大」を組み合わせて「大きくて立派な羊」を表す。うつくしい。よい。ほめる。
名付けた理由
親や親戚からもらって付けられた方が多いようです(40.2%)。こうした親から代々受け継がれる漢字のことを「通字」や「系字」といいいます。この字もそうした字の一つなのかもしれません。

亜雄美さんの由来について教えてください!!

みんなが知ってる亜雄美さんはこんな人

まだ評価されていません。

「亜雄美」さんについて教えてください!

名前の由来

この名前に関する由来、すなわちそれぞれの字が持つ意味、その字にした理由、またこの名前に込められた名付け親の想いなどを教えてください。※全て入力する必要はありません。
名前に込められた想い※1000字

※コメント(頂けると嬉しいです)

削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。


それぞれの字の意味や理由
「亜」
「雄」
「美」

ページの先頭へ